三世帯が一緒に住むことなんてホントに可能なの?

いまや三世帯住宅が主流!?もめないための三世帯住宅

三世帯が一緒に住む家ってどうでしょうか? たとえば、夫婦双方の親と同居する家。あるいは、夫婦の兄弟とその親と住む家。さまざまなパターンが考えられますが、どれもとんでもない!と思われるかもしれません。


しかし、三世帯が一緒に住むことにはメリットもあります。家を建てるときの費用も三世帯で分割されるため、世帯あたりの負担が軽くなります。また、双方の親が同居を希望したときに、どちらの親を選ぶべきかというような頭の痛い問題も解決します。


とはいえ、三世帯が一緒に暮らすのはやはり人間関係に気をつかいますし、プライバシーや生活リズムの違いなどで問題も出てきます。こうした問題に対処するには、同居前によく話しあっておくことがまず重要ですが、もうひとつの方法は住まいそのものをトラブルの起こりにくい設計にしておくことです。


たとえば、どうしても年齢を重ねてくると朝が早くなってきてしまうため、親世帯は早朝から活動を始めることが多くなります。一方で子供世帯ではまだぐっすりと寝ているところなので、あまり朝早くから起きて活動されると目が覚めて困ってしまうかもしれません。こうした問題も、寝室の遮音性を高めたり、間取りで工夫したりすることで避けられます。


いまや三世帯住宅が主流!?もめないための三世帯住宅

三世帯住宅と二世帯住宅

三世帯住宅と二世帯住宅にはどんな違いがあるのでしょうか?

三世帯住宅ならではの問題点

同居する世帯数が増えると、揉める原因も増えます。

いまや三世帯住宅が主流!?もめないための三世帯住宅三世帯住宅と二世帯住宅三世帯住宅ならではの問題点サイトマップ